うー子のカレーなる生活

カレーを食べてひたすら感想を書きます。

カテゴリ: 食事処レトルトカレー

3
DSC09840
銀座ろくさん亭「料亭のまかないカレー」です。
開封と同時に箱崩壊型です。

DSC09841
パッケージ通りの具沢山にちょっとびっくり!
とっても美味しそうですね。
和風だし風味に酸味を効かせた感じ。

おいしくいただきました。

3
DSC09918
東京ディズニーシーのお土産にいただきました。
東京ディズニーシーのレストラン「カスバ・フードコート」のメニューをイメージしたカレーです。

中には、チキンカレー(甘口)とビーフカレー(中辛)の2食が入っていました。
DSC09920
チキンカレー(甘口)です。
申し訳なさそうに、鶏肉の欠片らしきものが3つ入っていました。

味は、フルーティーでトマトの酸味もほのかに広がります。
鼻に抜けるスパイスの香りは・・・

・・・・

・・・・

あ、ニンニクだ!!
フライドガーリックを食べた時の風味によく似ています。

甘口と言いながら、辛さも程よくあって大人でも食べやすいカレーです。
全体的なバランスもすばらしいです。
ただ、1食分の内容量が150gと少なめです。

DSC09917

美味しいカレーをごちそうさまでした。

4

DSC02905




新宿中村屋の味文化野菜カリー「国産9種類の野菜と豆」です。
新宿中村屋本店と、羽田空港でしか購入できないレアカレーです。

DSC02906



野菜はたっぷり。
角ばっているのでタケノコかと思ったら、じゃがいもでした。
蓮根や、豆類もしっかり入っています。

DSC02907



トマトの酸味が程よく効いていて、ココナッツミルクとの相性でおいしくいただきました。
280gのボリュームもあって、大満足の一品でした。

4
イメージ 1
新宿中村屋の「味文化チキンカリー」です。
中村屋のレトルトカレー多しと言えど、こちらの商品はなんと、中村屋本店と羽田空港でしか購入することができないそうです。
お店員さんが言ってました。

お肉、じゃがいもがゴロゴロしています。
高級カレーって感じの見た目です。
イメージ 2
口に入れると、『おいしいレトルトカレーの味やあ。』って感じ。
酸味とうま味のバランスがいい、おなじみレトルトカレーの味です。

手羽元が丸ごと一つ入っています。
ホロホロと骨から肉がとろけて、やわらかくてジューシーでおいしいです。

イメージ 4
3口目でスパイシーさが増してきます。
うーーーん。耳の穴まで辛さが伝わってくる
辛さの表示は5段階の4です。
でも、最後までうまみとスパイシーさがおいしいカレーでした。
ごちそうさまでした。

羽田空港第2ターミナルビルで購入。
イメージ 3

5
イメージ 1
愛媛県大洲市にあるビストロサンマルシェというお店の「杵つき餅カレー」です。
ミートソースのスパゲティがおいしくて有名なお店です。
カレーと餅を合わせちゃったんですね。
確かに、袋を触ってみると餅が入っている感触があります。

ボイル時間は10分とやや長め。
お餅が柔らかくなるために必要な時間だと思います。

お餅が入っているカレーって、ご飯はどうするんでしょうか。
必要でしょうか??
ちょっと悩みながら、とりあえずお皿の片隅に移してみました。
イメージ 2
おお!!
お餅がドドンと出て来ました。

お餅を食べてみると、脳が
「きな粉餅が食べたーい!」
と、訴えてきます。

いや、まずくはありません。
ただ、とてもおいしいお餅なので・・・
大好きなきな粉が恋しい。

カレーは、さすがミートスパゲティがおいしいお店だけあって、
程よい甘辛いウマさ、酸味ですごくおいしいです。
ミンチ肉が入っているということ以外は、うー子が求めていたカレーそのもののような気がします。
今度、お店に行ってカレーを食べてみたいと思います。
きっと、会いたかったカレーの味に出会えるような気がします。

あ、ご飯はどうするかですが、このレトルトカレーのみでは、お腹いっぱいにならないと思います。やっぱり、ご飯にかける?でも、餅とご飯?どうかな?
食べてみたけど、やっぱり謎です。




このページのトップヘ