うー子のカレーなる生活

カレーを食べてひたすら感想を書きます。

タグ:レトルトカレー

3
DSC00023

大分発「至福の翼カレー」第2章・中辛です。
おおいた豊後牛は海を渡り空を飛ぶ
ビーフカレー
飛騨高山の熟成唐辛子と出会った

このパッケージに情報量が多すぎて、どれを書けばいいのかよくわからない!
とにかく、豊後牛(ぶんごぎゅう)と熟成唐辛子が入っているのですね。

DSC00024
すごい!肉の塊がどっぷり入っています。
このお肉、肉の部分も、脂の部分も柔らかくて味がしっかりしていてとっても美味しいです!
豊後牛で、濃厚な味なのかな。
おいしいお肉部門では、かなり上位だと思います。

ただ・・・。
唐辛子の辛さが半端ない。
下がヒリヒリ。
口の中がパニック!

ごめんなさい。最後まで食べられず、数時間後に腹痛と戦いました。
中辛ですかねえ。
かなり辛いですよ。

カレーの味と、お肉がとてもおいしいだけに、辛さが残念でした。

DSC00021

DSC00022
販売者は佐伯海産株式会社、製造者は株式会社飛騨ハムでした。

ごちそうさまでした。

3
DSC09840
銀座ろくさん亭「料亭のまかないカレー」です。
開封と同時に箱崩壊型です。

DSC09841
パッケージ通りの具沢山にちょっとびっくり!
とっても美味しそうですね。
和風だし風味に酸味を効かせた感じ。

おいしくいただきました。

3
DSC09918
東京ディズニーシーのお土産にいただきました。
東京ディズニーシーのレストラン「カスバ・フードコート」のメニューをイメージしたカレーです。

中には、チキンカレー(甘口)とビーフカレー(中辛)の2食が入っていました。
DSC09920
チキンカレー(甘口)です。
申し訳なさそうに、鶏肉の欠片らしきものが3つ入っていました。

味は、フルーティーでトマトの酸味もほのかに広がります。
鼻に抜けるスパイスの香りは・・・

・・・・

・・・・

あ、ニンニクだ!!
フライドガーリックを食べた時の風味によく似ています。

甘口と言いながら、辛さも程よくあって大人でも食べやすいカレーです。
全体的なバランスもすばらしいです。
ただ、1食分の内容量が150gと少なめです。

DSC09917

美味しいカレーをごちそうさまでした。

3
DSC09795
MUJI無印良品の「キーマカレー」です。

見た感じ、お肉がまあまあ入っています。
袋に残ってしまうのが悲しいかな、スプーンを使ってほじってしまう

DSC09792
辛さは真ん中と言っても「辛」ですからね。
用心して、バナナジュースもスタンバイ。

いただいてみると、スパイスの香りが良い感じ。
食欲そそります。
鼻から抜けずに、ずっとそこにクミンやコリアンダー、クローブが存在しています。
辛さは、ペッパー的な爽やかさ。
ヒリヒリやしびれはそんなにありません。
辛いけど、おいしい感じ。

トマトの酸味や玉ねぎの甘さもバランスよく、お肉の旨味も感じます。
DSC09793
お肉は、ブラジル産の鶏肉だったのですね。

販売者は、株式会社良品計画、製造所は株式会社にしき食品さんでした。
ごちそうさまでした。
DSC09791


2
DSC04293
無印良品のバターチキンカレーです。

パッケージの写真のようなお肉は・・・
1つ?
そして、パッケージを開けた時から漂う酸味。

一口いただくと・・・
予定通りの酸味が口中に広がります。
酸っぱい!
酸っぱい!
バターチキンって、もっとマイルドなカレーを想定していました。
今思い出しても、唾液が湧き出てきます。

DSC04290
素材を生かしたカレー。
トマトペーストの素材が生きていますね。

製造所は、株式会社にしき食品。
って、あのレトルトカレーで有名なにしき食品さんでしょうか。
無印良品もコラボしているのですね。

このページのトップヘ